高校生でお金を借りる事はできますか?

高校生でお金を借りることは、普通はできません。お金を借りる時には、消費者金融業者や銀行へ申し込みをすることになりますが、それらは20歳以上でしかも申し込みをすることができません。学生ローンであれば、18歳以上でも申し込むことができますが、あくまで利用できるのは学生であって、お金借りたい生徒である高校生は利用することができません。なぜこうしているかといえば、民法上、未成年者は制限行為能力者に当たり、一人で完全に有効な法律行為をすることができないからです。親の同意があればよいですが、そもそも収入のない高校生には返済能力がないに等しいです。貸金業者は、お金を貸して、それに対する返済を求めるとともに利息を徴収することで利益を出しています。高校生は返済能力がなく、十分に資金を回収することができる見込みがありませんので、お金を借りることができません。
以上のように、消費者金融や銀行を利用してお金を借りることはできません。ただし、個人的に誰かと法律行為をして借りることは可能です。問題は、高校生に対してお金を貸そうという個人はいないということです。友達同士でなら貸し借りをすることもありますが、まとまったお金の貸し借りはできないでしょうし、それはトラブルのもととなります。せいぜい、親がお小遣いの前借をさせてくれるくらいが考えることが可能な選択肢でしょう。したがって、もしお金を必要としているなら、親に頼みましょう。