脱毛サロンの処理は痛いよりもくすぐったい

脱毛サロンの処理は、痛いと感じるよりもくすぐったいと感じることの方が多いということを知っておきましょう。これは、脱毛サロンで利用される脱毛器の出力が、永久脱毛の脱毛器よりもはるかに小さくなっているからに他なりません。永久脱毛の際に利用される脱毛器は、高度な医療機器を流用したレーザー脱毛器になっていますので、これを照射するときには患者に対してかなりの痛みが生じます。ゴムで弾かれるような痛みを感じることがありますので、施術をする際には必ず患者の状態を把握して肌の状態が問題がないときに施術をしなくてはならないように決められています。実際に、医療脱毛をする際には肌に対して麻酔を塗布しなくてはならないことが決められていることが多く、そのままレーザー照射によって肌に対してダメージを与えることはほとんどありません。麻酔を塗布するときにはジェル状の物質を塗布することになるので、患者に対してアレルギー反応が出ることはほとんどありません。一方で、脱毛サロンの脱毛器は出力が小さいということもあってこうした麻酔を塗布することがまずありません。肌に対して照射したとしてもレーザーのような痛みはなく、むしろくすぐったいと感じるほどの間隔しかありませんので、時間をかけて処理をすれば肌に対して余計なダメージを与えないで処理を進めていくことができるようになっているわけです。体毛に対してしか反応しないで、無駄な傷を細胞に与えないメリットがあるので人気が高いのです。